ドラム教室を、駅名とキーワードで探せる! → 今すぐオンラインで体験予約できる!

ドラム教室・ドラムスクール.Starting.jp >  道具についてのアドバイス

ドラム教室の先生が、「何をそろえればいいの?」に答えます。

道具についてのアドバイス

75 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

楽器はまずはスタジオにあるドラムで十分です!
スティックに関しては好みがあるので最初のレッスンではこちらで用意するので試してみて相談して決めましょう!
参考までに僕はビックファースというメーカーの5Aのサイズを愛用してます!(ドラムスクールin the groove 講師 山蔭 亮)

 

ドラムを練習する際に最初に必要となる物は、スティック、
そして靴です。

私のお薦めスティックは「Pearl 110H」です。
体格によっては短かったり、軽すぎたりしますが、
まずは日本人に合いやすい、標準的な110を選ぶと良いと思います。

また、靴ですが、厚底のブーツや、足の裏の感覚がわかりづらいものを避けると良いでしょう。
靴底が薄めなスニーカーがお勧めです。
私がよく使う靴は、薄い靴底を持つ「Puma bujin」や「NIKE AIR SUPER FLY 」です。
(ケン・ドラムスクール 講師 塚越 建一)

 

【初めてドラムをやる人への楽器アドバイス】

ドラムは手と足を使って演奏します。
まずは身体に直接触れるもの、スティックとフットペダルそして靴が一番重要な道具となります。


うち、フットペダルはそう買い換えるものでも無いし、高いものなのでリハーサルスタジオとかで、自分の癖や好みをある程度知ってから、購入することをお薦めします。


靴だけは、普段履き慣れていて動きやすい靴があれば、新しく買う必要はありません。
ただし、足首の動きが制限されるブーツ系だけは避けるように!
私自身は20年以上、コンバースのオールスター♪
それと野外フェス時には重宝してるCROCSの"ケイマン"も最近のお気に入り☆華奢な見た目とは裏腹にドラマーの求める要素の痒い所に手が届いてくれます。ステージ映えはさておきですが(笑)


では、スティックはというと。
はっきり言って答えはありません(笑)アドバイスになりませんな。。
実際フットペダルはバネの強さとかある程度はカスタマイズできますが、スティックはそうはいきません。それ以上に人によって好みの幅が非常に広いです。
楽器屋のスティック売り場に行ったことのある人は分かると思いますが、ホントに数多くの種類が並んでいます。それだけ需要があるからです。

手の大きさも腕の長さも握力も、人それぞれです。

なので、これが定番です的なアドバイスはココでは避けます。(実際のレッスンの時はその人を知ることが出来るのでアドバイスはしますけどね)

まずは、
1.太さ《持ちやすい太さか?》
2.重さ《振りやすい重さか?》
の2点がしっくりくる『木』のスティックを選んでみて下さい。
2本1ペアで売られているのが基本なので、1~2ペア程度の購入で構いません。木の材質も問いませんし安いものでOKです。

ただしこれだけは注意!
スティック売り場には計りがあると思うので、それぞれの重さと振った時の感じが出来るだけ近いものを揃えて下さい。私自身の感覚だと+-5g以上の差が出ると極端に左右のバランスが崩れます。材質が木である以上、同じメーカー同じモデルでもひとつとして同じスティックは存在しないから、ここだけを気をつけて下さい。ここがテキトーになってしまうと最初の段階で余計な癖が付いてしまう危険性が高いです。

そこで!
スティックを買う場合は、楽器店のドラム売り場に足を運ぶことになりますが、楽器店を選ぶときは出来るだけ以下を避けるように。(批判はあると思いますが、個人的意見です)
・スティック売り場に計りの置いてない店(木が生ものだという知識のない楽器屋=楽器本来の管理が行き届いてない可能性が高い。)
・楽器を触らせてくれない&試奏させてくれない店(楽器が音を出して選ぶものと言う基本的感覚を持たない="楽器"を売ってるのでなく"商品"を売っているだけ。)

で、スティック自体は、消耗品故に試奏させてもらえませんから、売り場近くにある練習台を叩いて選んだらいいでしょう。(店の人には出気るだけ声をかけて)


次回購入する際は、前回選んだものを基準として、徐々に自分に合ったスティックが見つかるようにして行ってください。
ま、あまり神経質になり過ぎずに☆
運良く最初から自分にフィットする場合もありますが、何事も積み重ねですし、自分に合わないスティックを選んでしまったことそのものが、後の経験となりますから。

ホントに迷って分からなくなった時は、自分の好きなドラマーのモデルを試してみるのもひとつの手ですよ。

楽器屋の店員さんは仕事・商売とはいえ音楽がドラムが好きなはずですから、怖がらず何でも質問してみて下さい。自分の知識がミュージシャンの役に立ったときが何よりも嬉しいはずですし。

気心の知れた楽器屋は、なによりも頼りになるかけがえのない情報源になりますよ☆(ドラムスクール|GROOVE INC. 講師 佐藤 けんじ)

 

必要なものはと言えば、まずは何をさておきドラムスティックです。

初心者の方ですとどんなスティックが良いか、なかなか分からないかも知れませんね。
そういう場合は、色々なスティックメーカーがありますが、最も標準的というかオールラウンドに使えるスティックとして、スティックメーカー各社に大体ラインナップされているものとして「5A」という名前がついたものがあります(どれだかよく分からない時は楽器屋の店員さんに聞けば教えてくれると思います)。

スティックを選ぶ際、楽器屋さんでまずはその「5A」というモデルのスティックを振ってみて、少し重いなと感じたら、それより細くて軽い「7A」というモデルがありますし、逆に軽く感じたら少し太めの「5B」というモデルもあるので、スタンダードなモデルの基準として、「5A」を中心に考えれば良いと思います。

それ以外にも様々なタイプのスティックがありますし、もちろん好きなドラマーが使っているからという理由で、その人と同じモデルのスティックを使うのも全然アリだと思います。

色々と書きましたが、ドラムを続けていくうちに好みのスティックも徐々に分かってくると思うので、最初はインスピレーションというか感覚的に選んでしまっても良いと思いますよ。

あとは、日本の住宅事情だと家でドラムセットを鳴らせる人は殆どいないと思うので、自宅での練習用に、ラバー製のトレーニングパッドがあるとなお良いですね。
これ一つあるだけでかなりの基礎練習は出来ますよ。
これも楽器屋さんに行くと色々置いてあるので、自分で試してみて気に入ったものを選べば良いと思います。

その辺りの疑問点も、レッスンの際に質問して頂ければ丁寧にお答えいたします。



(ドラムを楽しく上達スクール 講師 須郷 史人)

 

(IKEDA DRUM SCHOOL 講師 池田 進一郎)

 
75 件中 1〜5 件表示
<< 前へ 次へ >>

みんなはどう思ってるの?

レッツ投票!

どんなジャンルの曲、叩きたい?

結果を見る>>

ドラム教室検索